■オススメ銀河座 この3本 
当サイトの専属映画評論家がオススメする映画を、週替わりで紹介します。

■ピンポイント銀河ニュース 
映画業界の最新ニュースをいち早くお届けします。


■シネマ銀河 プレゼントコーナー 
映画試写会からグッズまで、映画関連のプレゼント情報をお届けします。



■映画の中の詩と詩人 
映画の中に出てくる詩と詩人について映画評論家の視点から紹介します。

■ヨーコのいい男探し 
当サイトの専属映画評論家ヨーコが、映画に出演するいい男を紹介します。

■映画と酒とバラの日々
酒好きにはたまらない、映画に出てくるお酒のストーリーを紹介します。

■懐かしの名画 
懐かしい映画から厳選した、おススメ映画をお届けします。


■シネマの映写窓から 
映画ファンに、映画をお届けする方向からの視点でのコラムをお届けします。

■大人の映画館 発掘ニュース 
ちょっとだけアダルトな映画に関するニュースをお届けします。

■新着DVDデータ 
新作DVDを紹介します。




「自分の体をフルに活かして「情熱」を表現できる男!! パトリック・スウェイジ」


 さりげなくピアノを弾く男に女は弱いが、では、踊る男はどうだろうか。

 長い手足を優雅に動かしリズムに乗せ女性を包み込むようにリードする男には、弱いどころかウットリするのではないだろうか! まして、ハンサムでスタイル抜群の男なら惚れ込むはず!

 映画「ダーティー・ダンシング」(87)のパトリック・スウェイジはまさにカッコいい男そのもの。女性を挑発し、ファイティングをしているようなスリリングなダンスを披露しその後の映画にも影響をあたえている。「映画史上最も鳥肌たつダンス・シーン」と例えられているくらいだ。彼の踊り方は、きびきびして男らしくそれでいて躍動的で美しい。

 それもそのはず、スウェイジの母親は有名なバレエ振り付け師で彼は少年時代からバレエを学び、大学を卒業してからは、ニューヨークで演技を学びブロードウェイで活躍。79年に映画デビュー、主役でブレイクしたのは「ダーティー・ダンシング」32歳のこの作品。

 ストーリーは、親の反対を押し切ってダンス・コンテストに出る女性の努力とラブ・ストーリーといった青春映画だが、シビアな中絶の話なども入り、当時製作サイドはヒットにはほど遠いのでは、と心配も。しかしそんな危惧はなんのその。今やDVDもロングセラーを続け、さらに2007年5月の英国スカイムービーの調査によると「最も女性が観た映画」の第一位に輝いたほど。可憐で清楚なジェニファー・グレイも頑張っていたが、やはり、ケニー・オルテガの(「ハイスクール・ミュージカル」で有名)振り付けとパトリック・スウェイジの魅力につきるだろう。

 ケニー・オルテガ自身が監督を勤め「ダーティー・ダンシング」を作る話がハリウッドでは出ているそうだが、ジェニファー・グレイ以外は、余り賛成していないとか。それほどに、スウェイジのインパクトが強いのだろう。2009年9月14日、膵臓癌(57歳)で惜しくも亡くなり今年は3回忌。

 「ゴースト/ニューヨークの幻」(90)のゴーストとなってデミ・ムーアのもとに戻って来るスウェイジの演じたサムも実に良かった・・・。癌とわかってもテレビドラマ「ザ・ビースト」で気骨ある男の姿を演じきっていた前向きな姿も心打たれる。

  スクリーンの中を優雅に駆け抜けたスターを想いながらDVDをつまみに白ワインかな・・・。





Copyright (C) 2011 cinema-ginga All Rights Reserved.