■オススメ銀河座 この3本 
当サイトの専属映画評論家がオススメする映画を、週替わりで紹介します。

■ピンポイント銀河ニュース 
映画業界の最新ニュースをいち早くお届けします。


■シネマ銀河 プレゼントコーナー 
映画試写会からグッズまで、映画関連のプレゼント情報をお届けします。



■映画の中の詩と詩人 
映画の中に出てくる詩と詩人について映画評論家の視点から紹介します。

■ヨーコのいい男探し 
当サイトの専属映画評論家ヨーコが、映画に出演するいい男を紹介します。

■映画と酒とバラの日々
酒好きにはたまらない、映画に出てくるお酒のストーリーを紹介します。

■懐かしの名画 
懐かしい映画から厳選した、おススメ映画をお届けします。


■シネマの映写窓から 
映画ファンに、映画をお届けする方向からの視点でのコラムをお届けします。

■大人の映画館 発掘ニュース 
ちょっとだけアダルトな映画に関するニュースをお届けします。

■新着DVDデータ 
新作DVDを紹介します。





「映画と酒とバラの日々」−3

 秋はやっぱりミステリー。アガサ・クリスティーのポアロの謎解きはきちっとした伏線、理路整然とした考え方でミステリーの教科書のようだ。(教科書といつたからと毛嫌いはいけませんぞ)ピーター・ユスチノフの「ナイル殺人事件」に続く2作目の「地中海殺人事件」(82)から、今回はポアロのあの明晰な"灰色の頭脳"を働かせるとっておきのお酒ご紹介しましょう。

 イギリスの田園での殺人事件からはじまり、舞台は美しい地中海に浮かぶ島の高級ホテルへ。このホテルの女主人(マギー・スミス)をはじめ、そこには引退した女優アリーナと彼女と結婚したばかりの紳士マーシャル氏とその連れ子のリンダ、アリーナの伝記を書いたが出版を断られてしまった記者、アリーナの復帰にかける中年のプロデューサー夫妻、ぎこちない若いカップルそしてエルキュール・ポアロといった面々。ポアロは別として誰が殺され、誰が犯人か推理しながら見るも良し、何回もご覧になった方は、衣装や細かい小道具やきれいな景色などチェックなさっても面白いだろう。

 ゴージャスなバカンンスを味わうリゾート地だけに、お酒のシーンは頻繁。「8時がカクテルタイム」といったセリフがあるくらいで、ポアロにもカクテルがすすめられる。と、ポアロは目の前のバラエティーに富んだカクテルには手をださず「クリーム・ド・カシスかシロップ・ド・バナース」とこたえる。ともに、そのままで頂くとかなり甘い。最初は黄色っぽいリキュールをのんでいたので、バナナ・シロップと見てとれる。真ん中当たりのカクテルシーンではかなり強烈なグリーン色のお酒を入れたグラスを手にしていたので、グリーン・バナナのシロップだろう。ともにカクテルのベースとして使われるものだが、頭脳を使うポアロにとっては、この強い甘みがお気に入りのようだ。

 ポアロ気分を出してグリーン・バナナやクリーム・ド・カシスを舐めてみると何とも口当たりがいい。子供の頃、梅酒をこっそりなめたアノ感覚。調子にのってぐぐぐぅといくと、くらくら酔ってしまう。それもそのはず、シロップと思ってもこれはリキュール。クリーン・バナナは14.5パーセント、クリーム・ド・カシスは20パーセントとウイスキーほどではないがしっかりしたお酒なのでなす。ポアロが砕いた氷のうえに乗っかった大きなケーキを美味しそうに食べるシーンもあったが、甘党のかたはポアロのようにリキュールを楽しんでみるのもいいだろう。

 さて、映画の中では、ホテルの女主人とマリーナは元ライバルと言うちょっとしたエピソードもででくるが、マギー・スミス(ホテルの女主人)は「ハリーポッター・シリーズ」のマクゴナガルでもお馴染みのベテラン。一方マリーナ役のダイアナ・リグはあの「女王陛下の007」(69)でのボンドガール。このふたりのやりとりや、対照的な洋服のセンスもなかなかだ。音楽はコール・ポーターが担当しいてるので彼のスタンダード曲もアレンジされゴージャスなムードをかもしだしている。
 今宵、甘いリキュールでミステリーに挑戦してみては!





Copyright (C) 2011 cinema-ginga All Rights Reserved.